来年度当初予算が今月内に成立することが確定しております。今年度補正予算と来年度当初予算に基づく補助事業の公募がこの春にピークを向かます。

いま現在「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」、「小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)」が既に公募されています。

今後は、「IT導入補助金」、「地域創造的起業補助金(地域創業活性化支援事業)」、「事業承継補助金」などの公募も始まる予定です。

この投稿では、それぞれの補助金制度について簡潔に説明します。申請できるチャンスのある企業様は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。その際は、ひとまず「認定支援機関」にご相談することをお勧めします。

  • 「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」

この補助金の目的は「生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援すること」です。

補助上限額は原則5百万円~1千万円。公募期間は2月28日から4月27日までです。今年度補正予算において1千億円の予算が計上されています。

・URL:http://bit.ly/2CR4h04

  • 「小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)」

この補助金は「小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等を支援する」制度です。補助上限額は、50万円、100万円、500万円の3パターンです。公募期間は3月9日~5月18日です。

・URL:http://bit.ly/2FPKxj4

  • 「IT導入補助金」

この補助金は「中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする」制度です。現在、IT導入支援事業者の募集説明会を開催している段階です。

・URL:https://www.it-hojo.jp

  • 「地域創造的起業補助金(地域創業活性化支援事業)」

この補助金は「新たに起業・創業を行う者の創業事業費等に要する経費の一部を補助する」制度です。3月13日に事務局が決定しました。今後、公募が開始される予定です。

参考URL:http://bit.ly/2tMwUwj

  • 「事業承継補助金」

この補助金の目的は「経営者の交代を契機として経営革新等を行う事業者に対して、経費の一部を補助することにより、中小企業の世代交代を通じて経済の活性化を図ること」です。現在、事務局を選定している段階です。

参考URL:http://bit.ly/2FTJ8YP

補助金申請のポイント

補助金の申請書を作るにはポイントがあります。補助事業には「公募要領」なるものが公表されます。そこには「(補助)事業目的」「審査基準(項目)」などといった項目があります。それらに即した申請内容になっているか、必ずチェックしましょう。可能であればその項目の「チェックリスト」を作ることをお勧めします。このポイントを意識して申請書を作成してください。

また、以上で紹介した補助金以外にも補助金の公募があります。経済産業省や中小企業庁のウェブサイトの情報を随時収集することをお勧めします。

・URL:http://bit.ly/1nKy5Up