融資申請や事業計画策定など、お客さまの事業資金に関わる問題を親切丁寧に解決します。

事業計画書無料作成

  • HOME »
  • 事業計画書無料作成

この事業計画書無料作成サービスは、既に1年以上経営なさっている中小企業さまに限らせていただきます。
新しく創業なさる起業家さまは申し訳ありませんが対象外です。
起業家さまは創業融資申請支援のページをご覧ください。

「事業計画書を金融機関に提出しないといけない。しかし我が社には計画書をつくる余力がない。作成を外部に依頼するにしても費用が意外にかかるようだ。どんなものが出来あがるか分からないのに」とお悩みの社長様へ。

ご存じですか? 計画書の作成を外部専門家に依頼する中小企業に対して国が補助金を出してくれます。本来30万円かかる計画書ですが、そのうち20万円を国が負担してくれるのです。国が中小企業を応援するために今年5月に始めた新しい制度です。国から補助金をゲットして、外部専門家に計画書をつくってもらいましょう。

それだけではありません。実質無料も可能です。計画書作成費30万円ひく補助金20万円で、残り10万円。これも民間の補助金で補填可能です。官民の補助金を併せて実質無料になるのです。

せっかく作るのです。金融機関の信用をかちとる計画書にしましょう。金融機関に計画書を提出するのは何のためでしょうか? それは金融機関の信用を得るためです。それではどうしたら信用を得られるのでしょうか? 結論だけ申しますと、つくりっぱなしの事業計画書では信用を得ることはできません。

詳しくはセミナーでお教えします。きたる11月27日に「元日銀マンが教える、銀行からスムーズに資金調達するノウハウセミナー@渋谷」を開催いたします。このセミナーで得られるノウハウは次のとおりです。

  • 銀行から資金調達でき、しかも本業の業績も上向く、一石二鳥の方法とは?
  • たとえ自社の業績が悪くなっても銀行からスムーズに融資を受けられるための、銀行との付き合い方とは?
  • 銀行と良好な関係を構築する前に自社の業績が悪くなっても追加融資を受けられる裏ワザとは?
  • リスケをせずに返済期間を延ばして月々の返済負担を減らす裏ワザとは?
  • やむをえずリスケする場合に、リスケを銀行に納得させる無難な方法とは?
  • 以上のことを全て、コストをかけずにやる方法とは?

セミナー講師は元日銀マンです。私、信用経済研究所代表の渕仁志が講師をつとめます。私の略歴を申します。1970年生まれ。1993年東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。日銀では主にエコノミストとして金融経済の調査研究に従事してきました。2017年に信用経済研究所を設立し、経営革新等支援機関(事業計画の専門家)として国から認定されました。理論から実務まで金融経済の裏の裏まで知るからこそ、皆さまにお教えできることがあります。

是非ご期待ください!

なお、セミナーに参加できない方には無料個別相談(30分)を行っておりますので、こちらもご利用ください。

セミナー開催概要

  • セミナー名:元日銀マンが教える、銀行からスムーズに資金調達するノウハウセミナー@渋谷
  • 日時:2017年11月27日(月)(開場13:30)14:00-16:00
  • 会場:東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル2階 みんなの会議室2-1(渋谷駅宮益坂口を出て、目の前の交差点を直進し宮益坂を上って4分、ドトールコーヒーがあるビルがTOC第一ビルになります。)
  • 参加費:3,000円
  • 講師:信用経済研究所代表 渕仁志

<追伸>

定員12人の少人数セミナーです。お席に限りがあります。先着順のご案内になりますので、今すぐのお申し込みをお勧めします。お申し込みは、下欄にご記入のうえ送信してください。どうぞ宜しくお願い致します。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

会社名(必須)

所在地
東京都神奈川県千葉県埼玉県その他の道府県
ご用件
11月27日セミナー申し込み無料個別相談ご予約ご質問その他
メッセージ

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6337-9797 受付時間 平日 9:00-18:00

代表挨拶


みなさん、こんにちは。信用経済研究所代表の渕仁志と申します。どうぞ宜しくお願い致します(続きは代表挨拶のページをご覧ください)。

所在地

信用経済研究所は、東京都心、青山一丁目駅から外苑イチョウ並木に向かって徒歩3分にございます。詳しくは弊所概要をご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 信用経済研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.